ヘルパー乱数式ステート奪取感知

この前の記事にしたステートを奪われながら奪取判断を弄られなくする方法。
利用方法は非常に限られているけれど役には立つ。
内容はgametime式ステ抜けの応用みたいなもの。
なお、ステ抜けではなくステート奪取感知
これ重要。
ステ抜けに使えなくもないけれどおススメはしない。

記事にしたのは別に隠すことでもないし。
意欲のある人だったらうちの蛟とっくに解析してるだろうし。

内容は続きから

まずやることはヘルパーの変数に乱数を入れる。
random一個でも十分だけれど多い方が安心。

その次に本体のstatedef-3にてその乱数を適当な変数にコピーする。
gametime式のように一番先頭の方が安心。

そしてstatedef-2でその乱数とコピーの値を比べる。
一致していなかったらステートを奪われたと判断する。

これで終わり。

利点としてはステートを奪われた後にコピーを弄られて無理矢理ステート奪取判断を偽装される心配がない。
random値であるため次フレームの値を予測することができず本体を弄っただけでは意味を成さない。
これによってより安全(?)にステートを奪われ続けることができる。

なお、よく対策をしないとやはり偽装されて即死する。例としてうちの普通蛟。
対策さえできていれば好きなようにステートを奪われることのできる構造もできるかもしれない
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

E・エメ

Author:E・エメ
東方の二次創作作ったり
mugenでキャラ弄くったり
呼び方は「エメ」でも「E・エメ」でもお好きな様に
一応リンクフリーです
スパム対策で「http」はNGワードにしていますのでご了承ください

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR