スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前に書いた検索高速化について

ちょっとだけ利点と欠点を考えてみた。

現行版反物質さん(ver0.27)にも入れてるので見たい人はどうぞ。
Anim検索とヘルパーID検索でやってます。
まぁ、早くしたからって何かあるわけじゃないとは思いますが。

詳細は続きから

<追記>
リンク張り忘れてた
http://eeme199.blog.fc2.com/blog-entry-88.html
通常の検索
・一つずつ代入する必要がある。
・トリガー一つに付き一つの物しか調べられない。
・処理を簡単に済ませられる

高速化検索
・一度に大きめの値を代入し、代入回数を比較的減らしている。
・その代わり1フレームにおけるリダイレクト数は通常より多め。
・処理が若干複雑。密集個所だと余計なリダイレクトが入る。

平均的な軽さを求めるなら通常の検索の方がいいかもしれませんねぇ。(あと記述の簡潔さ)
1フレームに4000個調べようとした場合に通常の検索だと4000回の代入をしないといけないのですが、
高速化していると500回ほどの代入で4000個は検索終了できるので一気に調べるなら高速化の方が軽い(はず)です。
(1トリガー8個調べるとしてトリガー数が500個の場合ループしなくてもいい)

でも通常の検索トリガー1個と高速化の検索トリガー1個を比べたら高速化の方が重たいはずなので。

まぁ、値がものすごく大きいモノを時間内に調べ切れないという場合にのみやってみたらいいのではないですかね。

ところでselfanimexistってnumexplodと同等かは知りませんが割と重たいトリガーらしいですね。
やっぱりこの高速化って重たいんじゃないのか……? どうなのだろう……?
検証してないから分からない。ごめんね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

E・エメ

Author:E・エメ
東方の二次創作作ったり
mugenでキャラ弄くったり
呼び方は「エメ」でも「E・エメ」でもお好きな様に
一応リンクフリーです
スパム対策で「http」はNGワードにしていますのでご了承ください

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。